自己紹介「SHON編」

「猿払村(さるふつむら)ぐらし」開設にあたり、まずはチームメンバーを紹介します。
今回はSHON編。

*  *  *

――出身地や経歴、移住前はどんな仕事をしていましたか?

https://sarufutsu.net/wp-content/uploads/2020/04/profile_500_500_kawaguchi-300x300.jpg

出身は“伊勢神宮”で有名な三重県の伊勢市です。大学入学と共に名古屋市に移って建築学を専攻し、大学卒業後は設計事務所の所員として住宅や店舗の設計業務に携わっていました。

――猿払村に暮らしたいと思ったキッカケを教えてください。

https://sarufutsu.net/wp-content/uploads/2020/04/profile_500_500_kawaguchi-300x300.jpg

大きく分けると2つあります。1つは、オホーツク海に大草原、いかにも北海道らしい自然の風景が広がっていることです。「一度でいいから大自然に囲まれた生活をしてみたい」という思いを後押ししてくれるキッカケとなりました。

もう1つは、魅力的な村の人との出会いがあったことです。移住する前にお試しで猿払村を訪れた時、泊まった民宿のオーナーさんが本当に優しくて、よそ者の立ち話に時間を気にせずずっと付き合ってくれたんです。都会に暮らしていた時には感じたことがなかった人との関わり合いの楽しさ・嬉しさを感じられたことが大きなキッカケとなりました。

――猿払村で暮らしてみて、良いところや気に入ってるところは?

https://sarufutsu.net/wp-content/uploads/2020/04/profile_500_500_kawaguchi-300x300.jpg

オホーツク海に面し、広大な大地に恵まれた猿払村には、多様な動植物が生きています。中にはオオジロワシやイトウ、ムセンスゲといった、絶滅が危惧されている希少な生き物も含まれており、村のいたるところで自然に生きている姿が見られるのは驚きです。

何気ない日常生活の中で、右を見ればミズバショウが咲き乱れ、左を見ればシカが群れをなして走り回る、そんな自然の風景の中に共生できることが猿払村の魅力です。

――最後に、今後ブログで発信していきたい内容を教えてください。

https://sarufutsu.net/wp-content/uploads/2020/04/profile_500_500_kawaguchi-300x300.jpg

猿払村に来てから、村内村外共に様々な出会いがありました。常日頃から「一期一会を単なる出会いとして終わらせたくない、カタチあるものに残したい」という思いがあって、ことあるごとに「何か協力してやりましょう」と出会った人に声を掛けていました。そうやって生まれたのが『エサヌカステッカー』や『イトウチャリティーカンバッジ』です。

今までは、あくまで完成報告や販売告知のみの情報発信に留まっていましたが、今後は制作中の悩みや、企画にかける思いなど、紆余曲折のお伝えしきれていなかった部分についても知って頂ける機会をつくりたいと考えていますので、ぜひぜひご興味がある方はご覧になって頂けると嬉しい限りです。

大自然の絶景をあなたの目で。
猿払村で移住体験しませんか?

移住サポートをチェックする
SHON

SHON

かみかいどうの孫「ション」

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP