行者ニンニク(アイヌネギ)を頂きました!

もともとおいしいとうわさに聞いていた行者ニンニク!どんな味か気になっていたところに村の方が持ってきてくださいました。

行者ニンニクとは?

北海道に自生している山菜の一種で玉ねぎ、にんにく、ニラと同じユリ科ネギ属の植物です。にんにくと同じような香りがあり北海道では古くから親しまれています。

さっそく調理をしてみました。

行者にんにく01

茎の根元の赤い部分は少し硬いので取るそうです。

行者にんにく02

きれいにとってから。

行者にんにく03

洗います。
からの・・・

行者にんにく04

ペーパーでくるんでしっかり水分を取ります。

行者にんにく05

ジンギスカンでいただくのもいいですが、今回は豚肉と炒めました。

行者にんにく06

行者ニンニクの香りが立ち始めだいぶしんなりしてきました。

行者にんにく07

今回は焼き肉のたれをかけて出来上がり。

肝心のお味は・・・

なんということでしょう。

風味があっているというのでしょうか?ニンニクの香りとお肉との相性がとてもよかったです。食のほうに熱中して写真を撮るのを忘れこの量となってしまいましたが、とにかくおいしい!

次の日に臭いが残るので、普段は食べられないそうですが、今日は休みの前日♪

美味しくいただきました(^_-)-☆

猿払村は村外からも山菜取りに訪れる方もいらっしゃるぐらい山菜の宝庫となっています。普段は見かけない山菜を調べながら食べてみるのもいいかもしれませんね。

大自然の絶景をあなたの目で。
猿払村で移住体験しませんか?

移住サポートをチェックする
AMBI

AMBI

大志を抱け「アンビ」

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP