エサヌカステッカーの裏話~その③~

https://sarufutsu.net/wp-content/uploads/2020/04/profile_500_500_kawaguchi-300x300.jpg
SHON

さて今回は、数あるグッズの中でステッカーづくりを選ぶこととなった経緯のいくつかについてお話ししていこうと思います。

思い出を持ち運べるモノ

旅行の際にお土産を買う大きな目的は、そこに来たことの記憶をモノとして思い出に残すため、あるいはその思い出を友人に贈り共有するためです。

ここで一つ問題なのが、食べられるモノを除いて、多くのお土産品は戸棚にしまわれ、記憶と共にその存在を忘れられてしまうことが殆どのように思います。そうなってしまうとなんだか寂しいですよね。

そこで、普段から身につけている、あるいは日常で使用する物に付けられ、またそれが容易に持ち運ぶことが出来るモノだとしたら、思い出を肌身離さずにいてもらえるのではないか、そう考えたわけです。

ついでで買えるモノ

エサヌカ線にお越し頂いている方々のほとんどは、稚内市等その他の宗谷地域を含め、北海道の各地を巡る中での一つの目的地としてエサヌカ線を選んで頂いているように思います。

やっぱり、訪れた各地で思い出としてのお土産品を買っていきたいはずですし、あまりかさばってしまうモノだと持ち運びもしづらいし控えたいはずです。

ついででも買いやすい価格のモノで、余計な荷物にもならないモノ…

…ということでステッカーが浮かんできたわけです(ものすごく安易なんですけどね…)。

自分たちが欲しいモノ

つくり手の立場でばっかり考えすぎていると何が大切で大事なのかが分からなくなってくる時があります。そんな時は改めて原点に戻って、自分が欲しいかを自問してみることにしています。

例えば私の場合、何かモノを買う時には「色々な使い方を想像できるか、という使い方の選択肢の多さ」を優先しています。服でもそう、カジュアルな時にも使えるしフォーマルな時にも使える、そんな一石二鳥三鳥のモノが好きなのです。

さて、ステッカーに置き換えて考えてみると…。
屋外用であれば、車やバイク・自転車の車体に貼れるし、キャリーケースにだって貼れる。アウトドア用の収納ケースにも貼れるし、マイPC・マイデスクにも貼れる…etc.
…(貼るという行為は同じですが)貼るモノや場所の違いでこれだけ想像力が掻き立てられたら、決まりですね。

まあそんなこんなで、他のメンバーの欲しい理由とも重なり合ったことによって、ステッカー製作が始まることになりました。さあここからはいよいよデザインの話になるわけですが、今回はここまでということで。また来週〜。

大自然の絶景をあなたの目で。
猿払村で移住体験しませんか?

移住サポートをチェックする
SHON

SHON

かみかいどうの孫「ション」

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP