ありがとうの会

https://sarufutsu.net/wp-content/uploads/2020/04/DSC02381-Edit-300x300.jpg
MAY

こんにちは!MAYです。今日は、先日保育所で行われた「ありがとうの会」についてお話ししたいと思います。

まずは「ありがとうの会」に至るまでの経緯についてお話しします。

私たち地域おこし協力隊は、4月から5月にかけて、保育所・子育て支援センターと一緒に、子どもたちのための動画作りを行いました。

そのタイトルは「さるふつの先生とおどろう」というシリーズで、「バイバイバイキン」と「ちびっこ忍者」の2本を制作しました。

この動画が生まれたきっかけは、新型コロナウイルスによって、お家から出られない子どもたちの存在。

そんな子どもたちに楽しい時間を少しでも提供したい!と保育士の先生たちが考え、私たち地域おこし協力隊も動画作りをお手伝いさせていただきました。

私自身は、当日の撮影・動画の編集のサポートと、保育士の先生たちの踊りのチェックを担当。先生とさるっぷの総勢21名の踊りが間違えていないか全てチェックしました。

子どもたちのために一丸となって踊る先生たち。慣れないカメラの前で緊張しながらも、笑顔をつくり必死に踊る姿を見ていると、子どもたちへの愛情を感じ、とっても感動的でした。

そんなステキな先生たちと一緒に制作してきた動画作りは、とっても楽しく、コロナが落ち着いたら「子どもたちが踊っている姿も見たいなぁ」と思っていたところ・・・サプライズが!!!

保育所から「動画制作に関わってくれたみなさんに、お礼がしたい」とお声がけくださり、『ありがとうの会』にお招きいただきました。

ホールに集まったたくさんの子どもたちが、私たちのために、元気いっぱいに2曲を踊ってくれました!

踊りのチェック係を担当したおかげで、私も一緒に踊ることができ、子どもたちとの楽しい時間を過ごすことができました!

最後に、手作りのステキな『忍者メダル』をいただきました!!!

このメダルは思い入れもひとしお。私の宝物です。

毎日このメダルを見るたびに、「猿払村に来てよかった!」と心が和みます。

みなさん、ありがとうございました。

関連記事:ありがとうの会〜裏話〜

大自然の絶景をあなたの目で。
猿払村で移住体験しませんか?

移住サポートをチェックする
MAY

MAY

サツキと「メイ」

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP