北海道の雪道で転びにくい歩き方のコツ

https://sarufutsu.net/wp-content/uploads/2020/04/DSC02381-Edit-300x300.jpg
MAY

こんにちは!MAYです。今回は、私のように雪道をあまり経験したことがない方のために、凍った雪道での転びにくい歩き方のコツをご紹介します。

北海道猿払村では、いよいよ本格的な冬の到来ーーーということで、これからは根雪(解けないうちに雪がさらに降り積もって、積雪が続くこと)になるようです。

凍った雪道を歩くのに慣れていない人にとっては本当に危険です。そこで転びにくい歩き方のコツをまとめましたので、ご紹介します!

【1】よそ見をしない!

凍った路面(アイスバーン)はスケートリンクと同じ状態です。車の運転と同じように「みぎ・ひだり・まえ・うしろ」をしっかり確認してから、よそ見をせず、一歩先をしっかり見て足を運ぶと安全です。

【2】歩幅は小さく!

大股で歩くと、片足に体重がのるため、転倒しやすくなります。かかとから歩くのではなく、足全体を平行にあげて、平行のまま下ろすくらいのイメージだと滑りにくくなります。

【3】歩くときは「ペンギン」をイメージ!

歩くときの1番のお手本はペンギンです。体は少し前かがみで膝を曲げて重心を前にして、ペンギンのように両手でバランスをとりながら「ペタペタペタ」…これが安全な歩き方です。

【4】両手をふさがない!

両手で荷物を持つと、転んでしまった時に大ケガにつながる可能性があります。また、片手でも大きな荷物や重いものを持っていると、左右のバランスが悪くなって転倒の原因にもなりかねません。荷物はショルダーバッグやリュックなどに入れて背負うようにしたり、傘をさすのではなく防水の上着を着るなどして対応しましょう。

【5】防寒&すべり止め対策を!

靴の中に雪が入ってしまわないように、雪道では防寒靴やブーツが基本です。アタッチメントと呼ばれる着脱式のすべり止めは、つま先やかかとだけに取り付けるタイプや靴全体につけるタイプがあるので便利です。また、ポケットに手を入れて歩くと危険なので、必ず手袋をするようにしましょう。

まとめ


北海道では避けて通れない「ツルツル路面」。一見、降ったばかりの雪道に見えても、雪面の下は凍ったアイスバーン…というのは、北海道ではよくあります。

転んで大きなケガや事故につながらないように、慣れてきても油断せず、ペンギンのように両手でバランスをとりながら、小さな歩幅で歩きましょう。

大自然の絶景をあなたの目で。
猿払村で移住体験しませんか?

移住サポートをチェックする
MAY

MAY

サツキと「メイ」

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP