余った苗の使い道…?

リーフレタス

猿払村では雪が積もり始め、本格的に冬を迎えました。

新潟出身の私でも驚くほどの積雪量です。

ハウスでは天井に雪が積もってしまうと陽が差さず、室内が2℃くらいまで冷えることもあります。

それでも元気なのが自慢の葉物野菜たち。

そんなハウスの中で、メインの野菜以外にひっそりと育てているものがあります。

それがこちら。

何やら様々な作物が混ざり、余り物の寄せ集めのように見えます。

実はこれ、本当に余り物なのです…

10月初旬、すべての苗を小さなトレイから畑に植え替え、余った苗は予備として育成していました。

それから2週間…

畑の作物は大きくなり、予備の苗は使い道がなくなったので捨てるしかない状態。

しかしもったいないですよね。

そう思った貧乏性の僕は、イチゴ栽培用の発泡スチロールに精鋭を8株だけ移し替えました。

ただ、せっかく業務と直接関係のないものを栽培するのであれば面白いことをしたい。

ということで、様々な作物をあえて同じ土に入れて育てることにしました。

(組み合わせによっては、互いに良い影響を与えるものもあるそうです。)

さらに液体肥料を多めに散布してみたり…

ハウス内の寒いところに放置してみたり…

とにかく趣味の世界で色々やっています。

「ミニチンゲンサイ」や「ミニレタス」として食べられる大きさになれば嬉しいな…

小さくてもちゃんと野菜の味がするのかな…

そんなことを思いながら、今日も成長を見守っています。

報告する