保育所の遠足に密着撮影!

猿払村鬼志別保育所の遠足風景

7月21日は、待ちに待った鬼志別保育所の遠足の日!かすがい夫婦は、カメラマンとして同行しました。この日は、前半は3・4歳児グループ、後半は5歳児グループに合流しての撮影です。

まずは、3・4歳児グループに同行。かわいい子どもたちが遠足マップを持って、村の中を2キロほど歩いて探索します。同じコースを歩くとはいえ、4クラスが分かれて探索しているので、先頭と最後尾のクラスは思ったよりも距離が開きます。

私たちカメラマンは、撮影ポイントを決めて最後尾のクラスまで撮影したら、そこから一気に先頭のクラスまで走ります。さらに、撮影の時はハイアングルや立ち膝でのローアングルなど様々な構図を狙うため、ダッシュの後にスクワットをしている感じ。

それでも、小さな子が、がんばって歩く姿にパワーをもらいながら、私たちも最後まで走り切ることができました。そして、休む間もなく5歳児グループに合流です!

役場の交流センターで、お弁当タイムとミニ運動会を撮影したら、最後に、私たちからのささやかなサプライズ。役場前でドローンでの空撮とお見送りをするため、ともや隊員が子どもたちに隠れてドローンを操縦します。

そのため、子どもたちは、ともや隊員がドローンに乗っていると思い、ドローンに向かって「ともやさーん」と大声援!

猿払村役場前でドローン撮影

そんな子どもたちが可愛すぎて、癒されて、久しぶりの運動でクタクタになりながらも、充実した一日となりました!

この日撮影した写真は2人で4,000枚。これを一枚一枚整理し、約2,000枚を保護者向けにインターネット展示しました。時系列に並んだ写真展示は、まるでそこにいるかのように時間を共有できます。

この写真展示を通じて、子どもたちの成長を感じたり、親子のコミュニケーションのきっかけになっていただけたら嬉しいです。

子どもたちは、本当にがんばりました。

報告する