猿払のクロソイは凄い!

猿払のクロソイは凄い!

どうも!さかいりです!

今回は趣味の釣りについて書いていきます。

私は釣りにハマって7年くらいになります。猿払に来る前は、地元茨城の海や、三重に遠征して釣りをしていました。

ルアーや餌釣り、時には遊漁船に乗って様々な釣りを楽しんでいました!

そんな釣り目線で、猿払は釣り人にとっては天国のような環境です!

まず、幻の魚と言われてイトウが生息しております。イトウは釣り人の憧れの魚で、全国から釣り人が狙いに来ています!
ただ、猿払はイトウの他も凄いんです!

休みの日に堤防でのんびり竿を出しましたが、予想外の大物がかかりました。

BIGサイズのクロソイです!

旬は冬ですが、夏の時期に接岸して釣りやすくなります!

クロソイは地元茨城でも釣れますが、よくて20cmちょいのクロソイしか釣れません。

クロソイのような、海底の岩に隠れて暮らす通称ロックフィッシュが大好きです!笑

ロックフィッシュ好き目線で、体長40cmのクロソイが堤防から釣れるのが信じられません!

また、食味も白味で程よい脂が美味しく、釣れたクロソイは刺身、漬け、あら汁で美味しくいただきました!!

特にあら汁は、猿払の毛蟹と一緒にいただき、人生一の美味しいあら汁になりました!!

クロソイは少し磯臭さがあると言われていますが、まったく気になりませんでした!

また、大きいクロソイを釣って食べたいと思いますが、クロソイの生態系も守らないといけません。

ロックフィッシュは生態系が崩れやすいと言われています。
自分も小さいサイズが釣れたらリリース(20cm以下が目安)、また数を釣りすぎないように心がけています。

大きいクロソイに出会えるために、考えて釣り生活を楽しんでいきたいです!
猿払を訪れた釣り好きの皆さんもぜひ狙ってみてください。

報告する